« 北嶺中学高校 | トップページ | 帰ります! »

帰れまテン

昨日の公演を終え、タイミングよく両親が北海道に来ているので、合流~♪札幌に住んでいる従兄妹たちも入れ替わり立ち代わり集結♪
Img_6593
そして、本日は両親と伯母の念願の、私の祖父母が生前最期に建てた「家」そしてその「地」を巡るツアーです。
Img_6603
詳しくはhttp://soreikenekokanjin.cocolog-nifty.com/blog/2015/05/post-deb5.htmlを是非ご覧ください。
現在そこに一人で住まわれている「お母さん」と連絡を取り、皆でお邪魔させて頂きました。
外観は勿論のこと、家の中も奇麗に修繕しながら暮らしてくれている「お母さん」感謝です。
父と母の目には感動の涙が浮かんでいました♪(そりゃそうだろう、因みに私は5年前号泣しています笑。)
Img_6620
ひとしきり懐かしさに浸り、
Fullsizer-2_20191012003501Img_6621
今度は「お母さん」も車に乗せてラーメンツア~(笑)さっき来た白鳥大橋を逆戻りして、室蘭の街中へ。
Img_6634
食事を終えた両親一行と私は別れを告げ「お母さん」と測量山をぐる~と越えて、再度、白鳥大橋を渡るのでした。
Img_6635Img_6641
家の近くまで来ると「今日は何時のフェリーだい?ゆっくりしていきなさい?」と、お母さん。一年に一回しか来ない息子のように接してくれる。
当然「うん!そのもり♪」ただいま~♪
アイスクリーム食べて、コーヒー飲んで、沢山お話して名残り惜しいけどそろそろ時間・・・約2時間。
「じゃあお母さん行くね!!」
「そうかい?気を付けるんだよ?こんどはいつ来れるんだい?早めに連絡するんだよ?今度は太鼓聞かせてね?」って。涙出そう。「うん!決まったらすぐ連絡するから♪」って言って手を振って帰ってきました。
新潟行のフェリーの出港は19時30分。まだ少しの時間があるので、いつもの儀式「洗車」。北海道ツアーを終えると、フェリーに乗る前に洗車するのが最近のコダワリ。Img_6646
愛車も奇麗になって埠頭を目指してGO-!!
苫小牧西港を過ぎてしばらくすると、日もとっぷりと暮れて、真っ暗な道をひたすら一人で走る。ときどき「道合ってるよな~?」なんて独り言いいながら走っていると鹿が二頭、道路を横断!!ビックリ!!そんなに飛ばしてなかったし、対向車もいなかったので事なき終えたのですが、あんなデカいのはねたら大事故だよ!!
そして、ようやく遠くに見えてきたフェリーの灯り。
船体には「ゆうかり」って書いてある。
お母さんと別れ、車通りの少ない、寂し~い道をひたすら走ってきたせいか、ターミナルも心なしか寂しい感じ。
車検証と財布を持って受付に行くと「close」の札がすべてのカウンターに!?「へ?」
ホテルのロビーにあるチ~ンを鳴らすと。奥から人が。
「予約の菅原ですが・・・」というと、「本日全便欠航となりました」とのこと・・・「あれ?欠航の場合は電話をくれるはずでしたよね?」と確認すると、二回電話をくれていたそうです。たぶん室蘭の山の中だったのかな・・・・ってことで。
明日の船がくるまで帰れまテン!
Img_6654
で!結局、伯母の家にとんぼ返り。
「ただいま~」とドアを開けると「おかえり!笑」と母。
伯母はその隣で「早かったんでないかい?」って。
部屋の奥では父が無言でニコニコ。
来年90歳の伯母さん♪舞踊の現役お師匠さん。みんなからとっても愛されてます♪私も大好き♪
Img_6656
夕食を済ませて、ぽっかりできた明日のサービスデー。
古~い地図を引っ張り出してきて、伯母が明日の連れて行って欲しいところを一生懸命に探すのだけど、それ、札幌市の地図。伯母さんの言ってる所は載ってないよ(笑)
Img_6661
追伸:この古~い地図で一生懸命説明してくれようとするトコ、父と全く同じ!!さすがは姉弟です♪

« 北嶺中学高校 | トップページ | 帰ります! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北嶺中学高校 | トップページ | 帰ります! »